心構え

めっちゃ気が向いたので更新します(おい)



昨日、お世話になっている方から、
こんな文章を引用したメールが届きました。

(本文はめちゃくちゃそっけなかったが、言いたいことはビシバシに伝わったぜ……w)



ペスト流行による故郷での長期休暇と三大業績

また、ニュートンがこうした成果を得るのに有利に働くことになる、もうひとつの出来事があった。一人でじっくりと思索をめぐらす時間を得たのである。学位を取得したころ、ロンドンではペストが大流行しており(ペストは以前14世紀にヨーロッパの人口の3分の1以上を死亡させたほどの恐ろしい病気だった。ニュートンが学生のときのそれは数度目の襲来であった)、この影響でケンブリッジ大学も閉鎖されることになり、1665年から1666年にかけて2度、ニュートンはカレッジで彼がしなければならなかった雑事から解放され、故郷のウールスソープへと戻り、カレッジですでに得ていた着想について自由に思考する時間を得た。また1664年、つまりペストで疎開する前に奨学生の試験に合格して奨学金を得ていたことも、故郷で落ち着いてじっくりと思索するのに役立った。こうしてニュートンは故郷での休暇中に、「流率法( (Method of Fluxions) )と彼が呼ぶもの(将来「微分積分学」と呼ばれることになる分野)や、プリズムでの分光の実験(『光学』)、万有引力の着想などに没頭することができたのである。

「ニュートンの三大業績」とされるものは、いずれもペスト禍を逃れて故郷の田舎に戻っていた18か月間の休暇中になしとげたことであり、すべて25歳ごろまでになされたものである。結局、このわずか1年半ほどの期間にニュートンの主要な業績の発見および証明がなされているため、この期間のことは「驚異の諸年」とも、「創造的休暇」とも呼ばれている。


wikipediaより





幸か不幸か、私自身は製造業の端くれのため、
今のところは通常通りの出社を続けておりますが、
やはり会議や打ち合わせの量は減少しており、
冷静に考えてみれば、仕事内容的には、
普段よりは余裕がある状態。



やるべき役割を粛々と果たし、
できることを前向きに考え、
周囲の状況にただただ翻弄されるのではなく、
この機を利することができるよう、日々を過ごし……たい!


(凡人にとっては、なかなか難しくもありますがw)

「あの時はこんなことしてたんだよ~(成果ドヤァ!)」と、収束後に、それぞれがちょっと自慢できるような生活ができたらいいな)

(もちろん言うまでもないが、感染拡大防止措置は最大限とった上でな)





15863150150.jpeg

よかったねぇ!!!(英雄感w)


いつも応援いただきありがとうございます。
  


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちまき

Author:ちまき
 
全てネットタイムで記載  
フルPB: 3:23:XX(2018名古屋)
ハーフPB: 1:36:XX(2018枚方)
10kmPB: 44:3X(2018あざいお市)


走ったり殴ったりしています。



 

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク