内臓疲労でボクシング

大阪マラソンレポの途中ですが、ボクシングに行ってきました。
月火はさすがに両足筋肉痛でしたが、水曜日にはすっきり(左太腿の張りは除く)。
ゆっくりだったら走っても大丈夫そうです。

フルマラソン走っても2日で回復する体になってしまった……。

内臓疲労はしてますね。
ご飯があんまり食べられないし、ちょっと動くと息が上がります。
これは仕方ないので、しばらくは強度の高い練習は控えます。



ジムに行ったら怪我人が複数。

スパーリング(実線形式の練習)で、1週間前にろっ骨を3本骨折した方と、
相手の頭部を殴ってしまい、薬指の拳部分の骨を骨折して陥没してる方。
その2人が普通に練習してたけど、大丈夫かよ……。
そして、骨折するほど遠慮会釈なく他人を殴ったり、他人に殴られたりって、改めてすごいな……。

まぁ、一人で不思議な踊りを繰り広げている私には、ほと遠いお話ですが。



さて。

本日は「体軸を保つ」を意識してゆっくり目に練習を。
ゆっくりならまぁまぁできるなー。
問題はリズムよく、速く打った時に維持できないとです。
勢いに任せて遣っちゃってるんでしょうね。


<本日の注意事項>
・右ストレートの時に右肩が左肩よりも前に出して肩を入れて打つように。
 下半身の回転不足と、上半身も途中で止めてしまっている。


さすがに連打すると息がおもしろいくらい上がるので、
ミット2ラウンド目はさすがに会長様が手加減してくださったww

回復に努めます。

紅葉ラン / 大阪マラソン3日前

このところ急激に寒くなったせいか、脚の調子が悪いです。
一度は治ったと思った左足ハムストリングスの痛みが増してきた…。

整骨院に行ってマッサージ&鍼をしてもらうも、改善せず。
この状態で大阪マラソンを迎えざるをえないのが大変不安です。
走る前から痛みを抱えている状態は今までなかったこと。
無理せず、とは重々思っていますが、「走らない」と思いきるほどではない。

一週間前から極力走らず、ストレッチを大目に入れながら患部を温めて改善につとめていますが、
どうなることやら…。


さて。
大阪マラソン3日前は休日(勤労感謝の日)でした。
そろそろ紅葉も見頃と思われるので、片道5kmくらいの大きめの公園まで行ってきました。
ちょっとした山もあって、毎年紅葉が見事なのです。

脚の調子が悪いので、坂道は全部歩いたけどね!!


めずらしく、写真も撮りました。
インスタ映え!(インスタじゃないけど!!)
ちなみに、写真では普通に見えるけど、つづら折りの激坂です。激坂。
15114309820.jpeg


15114309980.jpeg


15114310090.jpeg


帰りにパンを買い食い。
お持ち帰りのためにリュックも背負っていったぜ!

カレーパンが売りのお店で、店頭の在庫がなくなるまで店内をうろうろして
ゲットした"揚げたて"カレーパン。
うっまあぁぁぁぁ!!!(太腿が太ましいのはスルーしてください)
15114310190.jpeg


変な遊具もあった。色調がサイケデリック。
変な遊具をアングルを変えながら激写するアラフォー。
…を、不思議そうに見つめる子供。ごめんよ。すぐどくよ。
15114310280.jpeg


14kmをキロ6分弱で。
楽しい遠足ランでした。
いつもこんなんだったらいいのに!

問題は大阪だ…orz

大阪マラソン2017① 準備

備忘録です。

11/24(金)時点で、当日の天気は曇り。降水確率40%。
最高気温16℃、最低気温7℃。

半袖短パンでいけそうです。

<着ていく物>
□ノースリーブのファイントラック
□スポブラ
□Tシャツ(ゼッケン付)
□ハーフパンツ
□5本指ソックス
□パーカー
□ウィンドブレーカー
□長ズボン
□シューズ(チップ付)

<持って行く物>
□補給食
□塩分タブレットと梅干をジップロックに入れたもの
□ポーチ(フリップベルト)
□ジップロック(カード、現金、絆創膏、痛み止め、安全ピン)
□100均のレインコート
□ハンドタオル
□待機列で食べるものを入れたビニール袋
□GPSウォッチ
□キャップ
□サングラス
□ipodとイヤホン(片耳)
□100均の手袋
□貼るカイロ×2

□着替え(下着、ヒートテック長袖、靴下、タイツ、ペチコート)
□脱いだものを入れるビニール袋
□ビニールシート
□フェイスタオル×2
□ウェットティッシュ
□ライトダウン

□現金
□チャージ済みのイコカ
□化粧ポーチ

<温度が低かったら持って行くもの>
□ラン用タイツ
□カーフガード
□ジオライン長袖
□ウィンドブレーカー
□アームガード

<雨だったら持って行くもの>
□大判タオル

<途中で買うもの>
□お茶
□おにぎり


当日の行動予定--------------------

4:30 起床&朝ごはん
5:00 着替え、メイク、ストレッチ、トイレ
6:00 家出発
6:25 最寄駅到着
7:00 大阪城公園駅到着
7:30 荷物預け
(移動 25分くらい+トイレとか)
8:40 ブロック封鎖
9:00 スタート

映画を見て読書をした日

カンフー映画が好きな人にお勧めを借りて見ております。
生まれて初めてこの手の映画を見るので、アクションシーンに釘づけ状態なのですが。

借りた1本目はかなりシリアス。泣けた。
2本目はコメディも入りながらも、まぁまぁシリアス。アクションシーン満喫。
で、3本目。

「女デブゴン! 強烈無敵の体潰し!!」

タイトルだけでやばい。
そして、本編も突込みどころが多すぎてどこから突っ込めばいいかわからない(ネタバレあり)。

・まず主人公の所業がひどい。
 特に自分は被害を受けてないのに、仲悪い金持ちのボンボン(山田孝之似)に
 爆竹を巻きつけて点火し、発狂させる
 圧倒的に主人公の方が悪い。

・その復讐に金持ちの親分に父親とお兄さんがあっさり殺される。
 圧倒的に主人公が悪いので同情できない。

・主人公が殺し屋にボコボコにされる。
 デブゴンの夫の亀仙人みたいな人に太極拳を習う。
 父と兄が殺されたのでへこんでるのかと思いきいや、主人公のキャラは変わらずチャラい。
 反省の色がない。

・金持ちの親分とやりあうも、親分は発狂した息子に刺されて死ぬ。ひどい。
 コメディなのにちょいちょい重めの設定とシーンを挟んでくる。

・なんやかんやで主人公が殺し屋の息子(かわいい)を助けるけど、殺し屋は全く改心しない。
 雇い主が死んだのに普通に攻撃してくる殺し屋。
 お前、主人公に恩こそあれ、恨みはないだろ。お前の動機はなんなんだよ。
 結局、息子を助けた件は特に回収されず、終了。

・おや、ここまでタイトルにあった女デブゴンが全く出てきませんね。
 そして最後まで大して出てきません。
 全編通して女デブゴン(愛嬌あってかわいい)がほとんど活躍しない。
 デブゴン全く関係ないまま話が進んでいく。

 
自転車で曲芸してみたり、おかしな塩俵の運び方をしてみたり、パントマイムしてみたり、
王道のカンフーやら太極拳やら、あらゆるところに身体能力高めの小ネタが満載なので釘づけで鑑賞。

でもストーリーがひどい。
設定は上手いこと使えばいい感じになりそうなものをばらまいてるのに、
基本タイトル含め、何も回収せずに終わったぞ…。
あとコメディとアクションに騙されてるけど、全体的に誰もハッピーじゃないというか、
全く得してないというか、よく考えたら後味悪い話だww

・主人公  自分のせいで親兄弟を殺されて不毛
・殺し屋  雇い主が死んでるのに任務続行して殺されて不毛
・ボンボン  爆竹で発狂させられて不毛
・親分   我が子に殺されて不毛
・デブゴン  平和
・亀仙人  殺し屋とのバトルに巻き込まれかけたけどまぁ平和


まぁでも一番突っ込みたかったのが、TV放送の録画DVDをお借りしたのですが、
途中でニュース速報が入って、

「ゴルバチョフ辞任の意向を固める」

………いつの時代だよ(1991年でした)。



一方、同日に読了した「蜩の記 (葉室 麟 著)」は泣きました。
ともすれば、周囲に理解されない程に高潔に、己の死をみつめながら信念を貫き通した武士の姿。
主人公だけでなく、登場人物の一人一人が己の志に従って生きている姿が鮮やかに描かれていました。


「未練がないと申すは 、この世に残る者の心を気遣うてはおらぬと言っておるに等しい。
 この世をいとおしい 、去りとうない 、と思うて逝かねば 、残された者が行き暮れよう。」


落差が激しい一日でした。

このボクシングがひどい@2017

土曜日に、防御の練習が組み込まれたと喜んでいましたが、
日曜日は一転して、このボクシングがひどい祭りでした。

いや、本人はいたって真面目に練習していたんですが、なぜか出来の悪さに
居合わせた方々が次々とアドバイスをくれるというサービスデーでした…orz

あれですよね。
多分、延々とおかしな練習を必死で続けてるから、見るに見かねた感じですよね。
……わかります。
私も逆の立場なら「あいつやべえ」ってと思うと思うwww


備忘のため、いただいたアドバイスをざっと書いておきます。


① あまり会わないけどベテランさんぽい男性
・打った後はきちんと元の位置に戻る。打ちっぱなしでいいのは空手。(←なるほど~)
・肩に力が入りすぎ。肩の力を抜いて腕はついてくるだけ。
・その他いろいろあるけど、まずは「元の位置に戻る」だけやりましょう
 (私に合わせて水準を大幅に下げてくださった!www)


② よく会っていろいろ話しかけてくれる男性
・フックの時は打ちはじめに左の前腕(肘より上)を若干外側に開くといいかも。
・左足をやや左にセットすると安定して打てる(これは会長様にも言われた)


③ よく会うけど基本積極的には人に話しかけない男性
・右ストレートから左フックの練習をしているが、右ストレートの時にバランス
 ががたがたになっているので意味ない。
 (根本的にだめですか?と聞いたら、根本的にだめってゆわれました…) 
やるなら左ジャブから安定してフックが打てるように練習する方がいい。
・左足裏が動かないように、下半身の安定感に注意。自分で感覚をつかむこと。


④ 会長様
・左も右も構えはOKだが、打つ時に後ろに引いて脇があく。
 そのままの位置から肩を使って打ちだすこと。


いっぱい言われすぎだろwww
特に、③の「基本的に人に話かけない人」に言われたのが心底びっくりした。
絡まなくても何ら問題ないところを…わざわざ…ありがたい…。

皆さん親切で言ってくださることは重々理解できるので、
すぐに全部はなおりませんが、ちょっとずつ消化すべくがんばる所存です。
重ね重ね、ありがたい…

週末ボクシング事情

金、土とジムに行ったので注意のみ淡々と書いておきます。

<金曜日>

・左も右も打つ時にふりかぶらないように。
 腕がギリギリまで体側から離れないことを意識する。

・フックの時右腕はもっと内側に肘を寄せる感じでガード。
 拳は顔を守るように上げて、肘を胸をつぶすくらい内側に寄せる。これでやっと前腕が垂直になる。
 鏡で確認するとよく分かるけど、今までは前腕が斜めになってガードできていなかった。
 そのまま右ストレートを打つと体が前傾するので、軸を保ったまま肩を入れて打つ練習をすること。

・下半身のリズム重視がなんかうまくいった気がする。
 けど、次回再現できるかは謎。
 腕は遅れてゆっくりついてくる位でOKなのでこの感覚をちゃんと身につけること。



<土曜日>

朝から雨が降っていて夜に走ることにしたため、できれば早めにジムに行っておきたい。
ということで、15時頃というめったに行かない時間に行ってきました。
普段は朝に走っているため、できるだけ体力の回復を待って、夕方~夜なのです。
だいたい17時以降。

よし。普段会わない人がいっぱいいるかも。女子も多いかも~♪
と勝手に期待値MAXで行ってみたら、わりとよく会う方と会長様のお2人が……ぽつんと……。
午後のほどよい時間帯に、人、少なすぎじゃないですかね……?

ま、まぁ…一人じゃなかったのでよしとしよう…。
若干、テンション下がりながらも真面目に練習。
はかどる。

会長様は暇だったのか「目先を変えよう」とのことで守備の練習を。

ガードして手の側面(小指の下あたり)で相手のパンチを払う。
左右ではなく前に出しながら軌道を逸らす感じでやると、そのままジャブやストレートにつなげられる。
はらってからジャブ・ストレートを打つ練習をすること。


そういえば、いつも同じくらいの進捗状況というか上達ぶりで、一方的に親近感を抱いている人が
ついにボクシングシューズを導入していらっしゃいました。
いいなぁ…動きやすいのかなぁ…。

ちょっとうらやましいですが、まだ私には猫に小判というかオーバースペックというか、
そんなレベルじゃないだろ的な感じなので、お預けにしておきます。
自分の中で、この段階に達したら、ていう目標はひそかにあるんですけども。ひそかに。

神戸マラソンをちょこっとだけ見に行ってきた話 / 大阪マラソン7日前

日曜日は先日施設に入った祖母の家を片付けに行っておりまして。

祖母は「隙間を見つけると物を詰め込まなけれ気が済まない病気」の人で、
意味のある物が詰め込まれているならともかく、全く意味のわからない物
(本人も二度と出して使う気はないと思われる)が意味のある物の隙間に
みっっっちり詰まっているのでカオス。
疲れた。
でもまだ終わらない…。

で、そんな作業の合間に、神戸マラソンをちらっと見に行ってきました。
件の祖母の家から徒歩5分の駅前まで行くと国道2号線が観戦できるのです。
だいたい25k地点くらいですね。

お昼ご飯を食べる前の12時15分。
大多数のランナーが走っています。
第2ウェーブ(15分)でスタートロス(15分)も考慮すると、
6:30 /kmくらいで走っている人々だと思われますが、それを見た母(マラソン初観戦)が一言、

「歩いてるのか走ってるのかわからへんな」

いや、ここの人たちは確実に走ってますよ、お母様…。
歩いてるより確実に速いよ。

なんとなく釈然としない様子だったので、お昼ご飯を食べた後の13時頃、再び同じ地点に戻りました。
大多数のランナーは歩いています。

「確かに、これは歩いてる…」

違いを認識していただいたようです。
普段TV中継でトップランナーの激走する姿しか見たことがないのでしょう(ある意味、それが当たり前ですが)。

あなたの娘も含め、一般の市民ランナーは、トップ選手に比べると遥かにゆっくりとマイペースに、
時にはふらふらしながらも懸命にゴールに向かっているのですよ。


さて。

神戸マラソンではボクサーの長谷川穂積氏も走られたそうで、
結果は4時間38分12秒とまずまずのタイムだったのですが、こんな記事が出ていました。

(引用)
過去大阪マラソンを2度完走。現役引退後は初マラソンとなったが
「しんどいかと思ったけど全然大丈夫だった」と引退後も続けてきたトレーニングが生きた。
今回は「18キロまで嫁さんと一緒だったので、そこまでは6時間弱のペースだった」と言い、
後半のハイペースで一気に盛り返した。
最初から自分のペースで走れば「3時間半でも走れそう」と手応えを感じていた。



おお!サブ3.5宣言ですね!

ちなみにラップを見てみると、20kmまでは38分前後の7:30 /kmペースですが、
それ以降は最後まで5:00 /kmを切るペースで快走されています。
周囲のランナーごぼう抜きで気持ち良かっただろうなぁww

前半ジョグペースで足を温存していたとはいえ、疲れも出てくる後半でキロ5で
粘れるのであれば、サブ3.5は十分射程圏内ではないでしょうか。
さすが元アスリート。

ちなみに、記事に出てくる「過去2回の大阪マラソン」は、初マラソンは脱水でDNF、
2回目は4時間10分26秒でゴール。
そして3回目となる今回でかなりフルマラソンの距離にも慣れてきたのだと思います。

私自身、3回目から「大幅に失速せずに走る」ことができるようになったので、
数回走ることによってようやく「フルマラソンの走り方」が理解できるんだと思います。
でも、8回走った今でもまだ「これだ!」と思える走り方はできてないんですけどね。
奥が深い競技だなぁと思います。


本日は体力を使い果たしたためランオフ。
左ハムの調子が悪くなっているので要ストレッチ。

クリスマスコフレ2017@BOBBI BROWN とCLINIQUE

これまではちゃんと下調べをした上で厳選し、
予約をして購入した品々でした(知らんがな…)。

ここからは予約品引き取りのついでに衝動買いした品々です。
これを一般的に「やらかした」と言います。
でも以外と内容は堅実ですよ?

やらかしその① BOBBI BROWN ジェルライナーセット

パッケージ。
15103255870.jpeg


中身。
15103255960.jpeg


さらに中身。
15103256110.jpeg

いわゆる、ジェル状のアイライナーですね。
BOBBIのは評判がいいので一度使って見たかったんです。
でも、量が多くて使い切るまでに固まってしまうという噂だったので、
今回の小さい2色入り&ブラシセットは実用的だな!と思って…。うん、実用的。



やらかしその② CLINIQUE リップセット

パッケージ。
15103255590.jpeg


中身。
チェリーポップとプラムポップの2色セット。
15103255760.jpeg


これに関しては、「通りがかったら売っていたからついうっかり」としか言いようがありません…。
が、使い心地に関しては、何本か持っているので大丈夫!すごくいい!
通常より小さいサイズで使い切りやすいし、お値段もかわいいし、
2色とも似合いそうな色だったし…いろいろ言い訳はありますが、後悔はしていない。

怖いのは、12月にも5本セットが出るということだけです…。
うっかり通りがからないように心掛けたい。

故障とレースについて考える / 大阪マラソン8日前

一方的にblogを見て参考にしている方が故障で大阪マラソンDNSを決断された。
そのためにすごく練習していて、練習時のタイムもめきめきのびていて、
本当にレースに対して真摯に努力を積み上げて楽しみにしておられたのを
目の当たりにしていただけに、とても心が痛んだ。

市民ランナーの誰しも、故障したことがあると思う。

私も自慢じゃないが、足首だの膝だの太腿だの、故障経験は多々ある。
で、そういう時ってたいてい目標に対してがんばって練習してる時だから、
とっても歯がゆいんですよね。

そしてたいていの場合、冷静には判断できないのです。
ちょっとくらい、いけるんじゃない? ちょっと痛いけど、なんとかなるんじゃない?
で、そのちょっとちょっとの我慢が積み重なって取り返しのつかない状態になったりする。

頭の片隅ではわかってるんだけど、無理してしまう。

私も今、そういう状態になってないかな…?
左脚の痛みに音を上げて整骨院に行ったのは9/11だけど、その前、7/15にしまなみ海道を
走った後からちょっとずつおかしいのは自覚してたんじゃないか?
でも我慢して、だましだまし続けてしまった。
肉離れ一歩手前で、指圧さえほとんど入らないほど固まってしまっていたハムストリングスは
果たして回復したっていえるのか…?

DNSを決断されたブロガーさんは、冷静に自分の状況を判断して、
勇気ある決断をされたと思う。
その先にある本当の目標のために、今は我慢する時だと判断された。
走ると決断するよりも、よっぽど強い心が必要だ。


私もそうじゃないか?

別府を走るためには、大阪は無理すべきじゃないんじゃないのか?

ぐるぐると悩んでしまう。
そして、それでも走るんだろうな。
私は我慢がきかない。


というわけで、もう一度自分に言うし、ここにも書く。

大阪では無理しない。
傷みや違和感が出たらすぐにペースダウンする。または止まる。
無理して、その後走れなくなって泣くのは自分だぞ。

忘れないように!(腕にでっかく書いとこうかな…)


本日のラン。
LSDで足の疲れをほぐします。
7:00 /kmより絶対に速くならないように!


できた!!!
15112628560.png

けど…左ハムが痛いよ…なぜ………orz

去年の私が思ったより練習していなかった

昨シーズンはNumberDO!の付録についてきたQちゃん監修「ほぼ日ランニング手帳」
に練習記録をつけていました。
ガーミンにもデータ蓄積されるけど、1年で消えちゃうからね…。

この手帳がまた優れもので、1ヵ月の記録が見開になっていて、
練習内容を2行くらいで簡単にメモできて、書くのも手間じゃないし、
特にあとからざっと見返すのにぴったりなんですよ。
練習の密度や内容が一目で把握できます。

大変気に入ったので、今年もNumber DO!の発売を心待ちにしていたのですが…。
なんと!付録手帳がついてこなかった…orz 

あの手帳、使いやすかったのになぁ…復活 or ほぼ日で販売してくれないかなぁ…。

と、嘆いていてもしょうがないので、現在は去年の付録を真似てエクセルでフォーマットを作成し、
手作り感あふれるノートを作成して使ってます。
気に入ったものは自作してでも執念深く使うよ!(情熱の向けどころ…orz)

さて。
なんだか最近の練習の密度?達成度?に不安を感じて、去年のメモを見返してみたわけですよ。
去年、本命レース前の私ってどのくらい頑張ってたのかな~って。


………んー、たいして頑張ってなかったね。

ざっくりまとめると、

12月 まず11末の神戸マラソンの後、疲れて10日ランオフしている。 
   その後、インターバル1km×5本(4:15-4:30くらい)を2回
   ハーフマラソン出場(1時間42分)

1月 少々がんばっているらしく、30km BU走を2回。坂練習1km×3を1回(5:10くらい)
   ハーフマラソン出場(1時間39分)

2月 サブ4ペース(5:20)の42km走。インターバル1km×5本を1回。
   20kmレースペース走(5:00)。
   最後の30kmBU走ができなかったのでJOGでお茶を濁している。

上記以外は全て平均5:30~6:00 /km程度のJOGで、月間走行距離はそれぞれ140 – 220 – 200。
で、3月に入ったら練習量を落として10日後に本番の名古屋ウィメンズ。


あれ? 昨シーズンは超がんばった!私の脚はできた!と思って
名古屋を迎えたはずだけど、これ、よくそんな自信持てたなww

上に書いた以外は本当にJOGしかやってない。
平日のポイント練習なんてびっくりするほどやってないわ。平均月1回てww

なんか頭の片隅に「やらなきゃ」ってのが常にあるから、
それなりにやってたんだと思ってたけど(半分くらいは)、気分だけだったね…。
JOGの最後のWSですらほとんど入れてないもんね。

やっぱりそんなできる子じゃないよね…。
それでも本番は気合でなんとかなったんだね…。えらいねぇ。
なんかちょっと去年の自分に励まされた。

ということで、練習の質に不安を感じておりましたが、そもそも質とかどうとか
言えるほど過去にやった実績もないということで、とりあえず大阪がんばりましょう。自分。


そういえば、iPSの山中教授が2月に京都でサブ3.5したので、来年の別大を走るらしい。
行動パターンが一緒だww
関門アウトにならないようにしたいなー。
プロフィール

ちまき

Author:ちまき
 
全てネットタイムで記載  
フルPB: 3:23:XX(2018名古屋)
ハーフPB: 1:36:XX(2018枚方)
10kmPB: 44:3X(2018あざいお市)


走ったり殴ったりしています。



 

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク