For what?

ちょいと前に、

「お前いったい何のためにブログ書いてんだ?」

的なことをふと考える機会をいただきまして。


なんだろ?

目標を達成する喜び?
一緒に走る仲間を作りたい?
自分の経験を誰かと分かち合いたい?
はたまたあるいは、書くことによる自律の一助?

……要素要素では入っているかもしれないけれど、
あまり、というか全くしっくりはこないなぁ。

そんな立派な目的で書かれているものではない。
大半が。
私の場合は。



では、一体何なのかというと、
どっかで目にした、

王様の耳はロバの耳、

ってのがかなり近いな、と思ったのです。


考えてみれば、崇高な目的なぞそもそもない。
私がその時々に言いたいことを、

なぁなぁ聞いてや、

と言える存在が手近にいないので、
(なぜか)全世界に発信しているにすぎないわけで。


ま、仮に聞いてくれる存在がいたところで、
しょーもない話を右から左に受け流しているだけなのは
十分承知なのですが(私だってそうする)
それでも、垂れ流し先は何かしらあった方がいい。

なんとなく聞いている風に装ってくれればなおいい。
そういう感じのねこがほしい。



王様の耳はロバの耳。

穴の底に向かって
言うだけですっきりするものです。



なので、レスポンスが返ってくることには
期待しておらず、
幸いにしてこのブログシステムには
「見たよ」とか「いいね」に相当するボタンはない。

アクセス解析や、ブログ村のインポイントで、
誰かが見てくれている気配は感じるけれど、
今これを見ている人の顔は見えない。
(だからいい)


唯一、コメントという形でのみ、
どなたが見ていらっしゃるのかを把握できるので、
たまにいただくと

「おお!見られてたのか!」

とちょっとビビったりもする。


誰も聞いてないと思って大声で
歌ったり踊ったりしてたのに、
なんか見られてた!?焦る!!

(いやあの、私がみなさんが通っている道端で勝手に歌ったり踊ったりしているだけで、ビビる筋合いはまったくないのですが……)

でもよく見たら、なんかにこにこ手を振ってくれてる!
うれしい!!


ただまあ、公道で歌い踊りしているのだから、
できるだけうっかり目撃してしまった人が不快にならないような
演目ででやりたいなぁ、とは思っておりまして、
長い槍をもって踊ったり、裸踊りをしたり、
拡声器でが歌ってみたり、
人を集めてシュプレヒコールをを叫んだりってのは、
極力避けてやっていきたいな、と思っております。


大道芸にもいろいろあって、
すごくアクロバティックだったり、
すごい技術だったりを極めた方がいる一方で、
テクニック的にはさほど難しいことをしているわけではないのに、
その舞台設定とか、観客との絡み方、
ちょっとしたマイムですごく和やかな雰囲気を作り出す人がいる。

なんなら、普段は全然違う場所で演奏している人たちが、
ふとした拍子に次々と加わって1つの演奏を作り出す
フラッシュモブなんてのもあるよね。

ま、そういうこってりしたのは、
たまにじゃないと食傷したりもするけれど。


現実は、ほど遠いのだけれど、
どうせ書き散らかすのなら、
そんなやつがいいなぁ。


いつも応援いただきありがとうございます。
  


入れて出すこと

私はどちらかというと、アウトプットが苦手なので、
ブログに好きなことを書き散らす、というのも
それなりに何かの訓練になっていて、
息抜きであると同時に、
まぁそれなりに頭の中を整理したり、
日々の記録を残したりする意味があると思っているのだけれど、
ここで書いていることのクオリティを
もっと上げて、たとえば1記事に1時間くらいかけてみろ、
って言われると、途端にハードルは上がって無理だ。

(私のブログ書きタイムの目安は、15~20分/記事です)

(ネタや構成を考えるのは流動的にやってるので、正味、「PCの前に座って文章化して見直す」時間です)


でも、そういう風にクオリティの高い内容を
書いていらっしゃる方もたくさんいて、
すごいなぁ、と感嘆しております。

きちんとインプットして、
きちんとアウトプットしているのだろう。
そのレベルが、はるかに高い。


とはいえ、レベルが低い内容を書き散らしながらも、
そのバランスが崩れることもありまして、
さすがに2年以上やっていると、
そこそこネタが尽きてくる。

あれ?こういうの前も書いたぞ?

とか、

うーん、去年も同じようなことやってたなー

とか。

ちょいちょい出てくる。


まあ、読んでる人も逐一覚えているわけじゃない
と思うからいいんですが、
自分の中で明らかに
「打率」みたいなものが下がってくる。


なんだろ?
そろそろ、ストックを食いつぶしてしまったのかな?

ちょっと印象的なセリフを見かけたので引用しとこ。



そうか……真っ暗な部屋か
アウトプットばかりでインプットが追い付かなくて、
バランスが取り戻せないって感じか?

新しく植えるヒマなく建て続けて
このままだとあと数年で、森ごと無くなってしまいそう的な……

つきつめて行くと、みな、最後は
時間の使い方で悩む……
時間だけは誰にも平等で24時間しかない

やらなきゃならんコトの量はそれぞれなのにな

(3月のライオン」 羽海野チカ)





そこまでたいそうな話じゃないにしろ、
この感覚、確かに覚えはある。

お仕事上も、すぐに役に立つかどうかはさておき、
定期的に情報を入れていかないと、
いざという時に使える材料が自分の中にないことに
気づくんですよねー。

ちょいちょい目の前の仕事が忙しいと後手に回りがちだけど、
一朝一夕に積み上げられるものでもないから、
ちょっとずつインプットをしておかないといけない。
(わかってるけど、ちょいちょいサボる)


んで、日常生活ではあまりそんなことを
意識することは少なかったけど、
ここにきて「打率が下がってきた?」と自覚するってことは、
日々の「経験」とか「知識」とかにも、
やっぱりインプットとアウトプットのバランスが存在するんだろうなぁ。

手っ取り早くインプットを増やす方法としては、
王道に読書とか、あと他人と喋る(ただしあんまり知らない人)
もわりと有用かな。


……と、つらつら書いていて気づいた。

私はここを、単なる日記帳じゃなくて、
「頭の中身」をまとめる場所だと思ってるんだな。

んで、中身が、足りてないww

いつも応援いただきありがとうございます。
  

恥ずかしい

ブログって他人に見せる前提で書くじゃないですか。


個人的な日記はまた別なんですけどね。
極めてパーソナルなもので、私しか見ないし、
私ですら「これは勢いのまま書いてる」と認識してるから、
たとえ恥ずかしい感じのテンションだったとしても、
それは、そういうもんだ。
むしろかわいげがある(知らんけど)


一方、ブログは、「人に見せる」前提で文章を作ってる。


それなのに、隠しきれない自己顕示欲が見え隠れすると、
恥ずかしいねえええっ!!


……という自虐的な遊びを、
ちょっとやってみたのです。
ええ暇人です。



いや、先日、ひょんなことから
初めてブログを見てくださった方が、


「過去までさかのぼって全部読みました」


とコメントしてくださり、書いてある内容を見ると、
ほんとにちゃんと遡って読んでらっしゃいそうなので、
ごめん得られるものはなにもなかっただろう
ええ~っ!?……私、どんなこと書いてたっけ?と
自分でもちょこちょこと拾い読みしてみると、
そこそこ精神削られる感じだったので、
ここは開き直って、


「あ、ここ恥ずかしいとこーwww」

「あ、ここちょっとかしこと思われたくて書いてるとこーww」

「あ、言い訳キタコレーww」

「あ、ここかわいさアピールしようとしてるとこーww」



と突っ込みを入れていく遊び(という設定)
にした次第です。



いや、やってみるとすごいね。
記憶に新しい文章はまだそれほど客観的に見れないけど、
自分でも忘れてるようなやつは、
毎度毎度、何かしら恥ずかしいポイント発見できますね。

ちょっと、かなり悶絶するわこれ……。
ア、アルコールの助けを借りよう。


第三者に指摘されるまでもなく
私は人にちょっといい感じに見られたい、
という欲が強いので、そりゃもう、
冷静に見るとちょいちょい不要なアピールが入っておりますw

うーん……(頭を抱える)

でもだってたぶん書きたかったんだもん(開き直り)


書いてる当時は一応、文章の流れ上不自然じゃなく、
といった体を装ってるけど、大概、

「それ、いらんやろww」

ってのが多いな。

露出狂じゃないから、
わざわざここで言及はしないけども。



でもまぁ、それはさておき、今読んでも、

「おや、まぁまぁおもしろいかも」

と思うやつもあるから(これはこれで恥ずかしい)、
かろうじてバランスは取れてる……の……か?

(だんだん自信がなくなってきたw)


……とりあえず、自己顕示欲と戦いながら、
1年後に読み返しても、
あんまり赤面しないようなことを書きたい、です。

(でも、ストレス解消になるから、たまには私すごいも書きたいかも、です)

(………せめぎ合いww)


いつも応援いただきありがとうございます。
  


立ち止まって、振り返る

ブログを公開しはじめて、
ちょうど2年ほどたちました。

別に毎日書くと決めているわけじゃないので、
めんどくさかったり時間がなかったりしたら、
飛ばすものの、現時点でのトータル記事数は687。

(一部、過去は公開していたけど今は非公開のものもあります)

わりと淡々と続いた方かと思います。


なんで続いてんのかな?

……わからん。


なんか感慨があるかっていうと、

………特にないな。


じゃあわざわざ書かんでいいって話なんですけど、
それを言い出したら、全部の内容が、
じゃあわざわざ書かんでいいってやつなので言わない方向で。



あ、強いて言うなら、1点だけ、心残りなことがあって。

始めた時期の問題で、
ランニングブログ的なドラマチックが、
まったくもって演出できてない気がするんですよね。

(みんながインポイントいっぱい入るよ、って言ってるレースの「速報」も、普段と変わらないくらいだし……という話をふとしたら、「いやだってPB更新してるわけでもないし」と返されて、ぐうの音も出ねぇ!と思いました)

(褒められる要素がない!ww)


私にだって、かつてはサブ4からサブ3.5まで、
一気に躍進した年(2016冬~2017春ですね)
があったんだ。
その後もしばらくは、走るたびに数分更新してたんだ。

……大した練習もしてなかったのに謎すぎる。


そこをほら、リアルタイムで書ける時期にやってたら、
もうちょいまっとうなランニングブログ的な内容に
なってたと思うんですよねぇ。
知らんけど。

今のところ、はじまった時には
既に伸びしろを使い切っていて、
その後まったく伸びてないですからね。

……おいしいとこが生かせてないorz

(だからって振り返って書くのはめんどくさいお化け)

(今現在の、PB更新をすればいい話ですねそうですね)



まぁいい。
たとえそういった勢いがなくとも、日々淡々と走り、
淡々と好きなことを書き散らかすことで、
私は何かに満足しているのです。

仕事や生活スタイルの変化によって、
当然のことながら、今後は、
いろいろと見直すこともあるでしょう。

それはそれでいいと思う。

(ちょっと迷いがあるのか……?w)



あ、そういえば、書いたことにコメントなり、
口頭なりで何らかの反応をいただいて、
そこからさらに自分の考えていることが転がった時が、
一番うれしいかなぁ。

そういうのもあるのか!とか、
こんな知らなかったことを知った!とか。

わざわざ人目に触れる形にした甲斐があったし、
またそういうコメントをしてくださる方が
とても多いのです。


いつもありがとうございます。
これからもぼちぼちがんばります。


いつも応援いただきありがとうございます。
  


だからブログなの

確かに、書くのは圧倒的にめんどくさいし、
そのわりに反響も少ないし、
誰が見てくれてるのかもわからないし、
いいねも押してもらえない(そもそもそんな機能ない)

あ、ブログのお話ね。

素敵な写真をパシャっと撮って、
「今日は〇〇~!」ってキャプションつけて送信したら、
みんなから「いいね!」って褒めてもらえる方が、いいかもなぁ。

(「素敵な写真を撮る」ハードルについてはさておき)


私なんて、ちまちま文章書いて、
ねことかペンギンとかのかわいい情報も適宜ぶち込んでるのに、
他人様に伝わってるのは「ヤバいやつ」という一点らしいしorz

(なにを、どうしたら、いいんですかね……!!?)


とはいえ、立場を逆転させて、見る方にとっては、
ある程度、取捨選択して、
構成を考えて、労力をかけた文章の方が、
大多数のSNS情報よりも、断然、興味深いのです。


知人の飲み会写真を、シラフでしげしげと眺めてもねぇ……。
やるなら私も呼んでくれ!!!

(ああ、この手のネタは、どう書いても性格の悪さがにじみ出るわ……TT)



でも、ブログの形態が広まり始めた頃も、
これと同じようなことが言われていた気がするんですよね。

誰でも簡単に開設できて日記が書けるから、
どうでもいい駄文が多くなって読むに値しない、
みたいなことを。

もう20年近く前の話ですが。


それ以前は、自分でホームページを開設して、
最低限のHTML形式とかわかった上でいろいろ設定して、
テキストファイルをFTPで転送、とかしなきゃいけなかった。

少なくとも、その煩雑さを乗り越えてまで、
何かを書きたい、発信したい、という人が、
わざわざ時間と労力をかけてやっていたわけで、
もちろん、中身は玉石混交なのだけれど、
少なくとも第一関門を突破する気概によって
スクリーニングされていた。


でも、メールアドレスと、その他少々の選択さえすれば、
誰でも簡単にブログが開設できて、
「〇〇の日常」とか「XX日記」とか、
日々のよしなしごとを徒然なるままに書き綴ることができるようになると、
それまで手が出せなかった人たちも、
こぞって自分の日常を全世界に公開するようになりましたよね。

もちろん、その中でも
第三者から見ておもしろいものを書く人もいるけれど、
裾野が広がる、ということは、
そうではないものも、指数関数的に増えるということで。


無駄に物議を醸すのもアレなので、ふわっとさしとくけど、
わりかし端的にこちらで表現されているのでご参考までに。

(「無駄」かどうかは個々人の判断ですけどね)

(あと、アメブロがどうとかも!!)


なお、お前もしょーもない日記書いてるやんけ、
って言われたら、おっしゃる通りはいごめんなさいするんですが、
そのへんは、この感覚がかなり近いかな。


そして、その当時は「お手軽」と言われていたブログにおける

「ある程度の長さの文章を人に見せる前提で書く」

というハードルさえ取っ払ったのが、
昨今のSNSのような気がするのです。


もちろん、友人知人への近況共有とか、
目的をもった情報収集ツールとしてSNSはすごく便利で、
私も、TwitterもFacebookもInstagramも、
全てアカウントは持っています。

Facebook(ごく少数の知人との連絡用)以外は、
目的に応じて選別した赤の他人のアカウントしかフォローしていないし、
不要(有用ではない)と判断したら速攻削除するので、
情報収集用ツールとしては、大変利便性が高いです。

発信は、今のところしない。
魔性の女の日常は、神秘のベールに包まれているべきだからだ。
私の日常に、全世界に向けて写真つきで発信すべき素敵ライフはない(TT)



冒頭に書いたように、写真撮って一言添えてボタンを押せば
何十人もに褒めて(?)もらえる。
とってもお手軽だし、楽しい(のかもしれない)

でも、そのお手軽な情報の中に、
読みたいものは、実は少ない。


SNS全盛のこのご時世に、
わざわざブログなどという旧態依然としたツールを選び、
一文の得にもならないと知りながらも、
その日のテーマに沿った百文字単位の文章を、
それなりの労力と時間をかけて綴ってまで、
「変わり者」たちが伝えたいものごとを、
私は読みたい。

(あと、秋めいてきたので、なんかこう、美しい日本語を読みたい)


いつも応援いただきありがとうございます。
  


P.S. 確かに、問答無用でそっちがアリだwwwww

変化

諸事情で、健康管理アプリを導入しておりまして、
比較的まじめに三食食べたものを入力してみたり、
体重を入力してみたりしています。

あと、歩数とか自動的にはかってくれるし、
食べたもののカロリーやら栄養組成も表示してくれるし、
歩いたらポイントもくれる(それが貯まったのでヨガマットもらった)し、
まぁ、ちょっと面倒ではあるけど、役に立たんことはない。


がだ、こいつが、AIだかなんだかを活用したなにかだそうで、
わりと頻繁に、通知画面でいらんことを言ってくるんですよ。


「ちまきさん!すごーい!新記録達成だよ!!」

(いや、そりゃその日たまたまスマホもって走っただけで、私は君の知らんところで日々走っとるんやで)


「ちまきさん!今日の牡羊座の恋愛運はXXだよ!」

(知らんがな。それはいいから、金運を教えてくれ、金運を)


「ちまきさん!目標までまだまだだよ!まずは3000歩目指してがんばろう」

(ただただうるさいわ)

ってな感じで、こいつうるせーな、と思いながらも、
わりと律義に(脳内で)回答しているわけです。


お察しの通り、何気な~く登録名を「ちまき」にしたんですが、
(普段こういうのはイニシャルを登録することが多い)
ふと、「ちまき」と呼びかけられることに対しての違和感が
かなり減ってるんだなぁ、と思いました。


ブログを書き始めた当初なんて、
自分が「ちまき」と呼ばれる想定はしてなかったから、
自分のH.N.でありながら、特に愛着のない名前だったわけです。

本名に近いならまだしも、そこまで近いわけでもないし、
私には何の関係もない、単なる食べ物だし。
(しかも、名前かぶりしてたので、途中で一回変えてるし)

それが、1年ちょい書き続けているうちに、
だんだんと「私はちまきなのだ」と認識するようになり、
「ちまき」と呼ばれるようになり、
なんか、「ちまき」に自我と責任感が芽生えてきた気がするww



とはいえ、「ちまき」はやはり私ではないのです。

やっぱり、ここで他人に公開するわけだから、
ある程度、情報の取捨選択はするし、
特にネガティブなやつはほとんどがお蔵入りするから、
ここで日々生活している「ちまき」は、
私自身の目から見ても、楽しいことばっかやってるし、
わりと能天気で悩みがなさそうに見える。

ほんとは、もっとずっと腹黒いし、性格悪いし、
攻撃的だし、いやあああ~~~な人間なんだけど、
そこはほら、書かないと伝わらないから。

(いや、私が知らぬが仏でそう思ってるだけで、世間様にはがっつり滲み出してるのかもしれんけど……)


そりゃもちろん、私が書いてるわけだし、
書いてる内容も、知人に見られても問題ない事実だから、
私といえば私なんだけれど、
私であって私でないような、変な感じだな、と思っています。


でも逆に、すごく自己嫌悪に陥ってる時とかは、

「それでも毎日走ったり殴ったり、頭のおかしいことを妄想したりして、それなりに楽しく過ごしてるやん」

と一歩引いて自分のことを眺められるような存在でもある。


「ちまき」なら、まあいいか、って走りに行くかもしれないし、
「ちまき」なら、すぐに立ち直っていらんこと考えるかもしれない。

「ちまき」になるために、無理やりではあっても、ちょっと前向きになっている。


あくまで私本体は、もっとこう、
あんまりよくないことも多い存在なのですが、
そういう感じで、バランスをとれるツールであればいいな。

とまぁ、今はそう思うのです。

(そのうち、「ちまき」の方が楽しくて、本体が「ちまき」に乗っ取られたらどうしましょうかね?)


いつも応援いただきありがとうございます。
  


15分しばり

いや、ブログを書くのに設けてる
時間制限の目安なんですけど。

内容にもよるとは思うのですが、だいたい15分くらい。
に、したい(願望)。


私は週末に次週分の記事をだいたい作ってしまって、
平日は予約投稿で粛々とそれがアップされる、
という完全ストック型で運用しております。

たまに平日ポイント練習やった時とかは、
新鮮なネタが割って入ることもありますが、
だいたいそれも、あらかじめ予定のうちに
組み込まれていることが多いです。


なので、まとめてたくさん作ることもあれば、
断続的になることもありますが、
土日あわせて2時間弱くらいが、費やせる時間。

なので、1つの記事に15分以上かかってると
効率が悪い気がするんですよねぇ。


手順としては、

日記帳(アナログ)から、ネタを拾う
 ↓
起承転結というほどではないけど、
全体の「流れ」をつくる(←5分くらい)
 ↓
心の赴くままに書き散らかす(←ここまでで15分)
 ↓
保存したものの微修正(←これは時間外にちょこちょこ)
 


だいたい最初の5分で「流れ」ができないやつはいまいち。

その後、がんばってみても、
15分以上かかって苦労する割には、
おさまりのよくないやつにしかならない。


そういうやつは、さっさと見切りをつけるか、
一部分だけはいい場合もあるので、
うまい具合の「流れ」がやってくるまで、
ストックしておいた方がいいなぁと思います。
がんばっても、時間泥棒なだけなんですよね。

そういった見極めをつける意味でも、15分。
15分が長いのか短いのかはよくわからんですが。

ざっと15分以上かかりそうなら、いさぎよくペンディング。


さすがに、時計を見てガチガチにやってるわけではないですが、
「かかる時間」を意識した方が、
ネタの判断がうまくいくような気がします。

あと、これだけの時間をブログに費やしてるのか、
っていう目安にもなる。
(PCの前にいると、小一時間ってすぐ経っちゃってびっくりするしね……)


ということで。
現時点で、10分ちょい。

なお、写真加工して貼りつけたりしてると、時間かかるけど、
文章だけのやつが、一番効率いいわー……。


いつも応援いただきありがとうございます。
  


Special Thanks

先日、久々にボクシングネタを書いたところ、
約2名の方からラブコールをいただいたような気がするのです。
やっほい。


ボクシングネタが好きって言ってもらえると、
素直にめっちゃうれしいのです。

正直、ランニングネタが好きって言われるより
うれしいかもしれん。

(ランニングネタが好きって言われたことは、ない)

(それもどうよ?)


なんでかっていうと、たぶん、
ここを見てくださる大半の人には、
そもそも興味ナッシングだろうからです。

私は、主にランニングブログとしてこれを書いていて、
ランニングブログのランキングにも登録していて、
まぁ、基本的に、ここを読んでくださる方は、
圧倒的にランナーだと思う。

(もし、ボクシングをやってる人がいたら、私のテンションが3000ポイントくらい上がるので、ぜひ名乗り出てほしい!!!)

(十中八九、おらんやろ……)


ってことはですよ?

ランナーにとっては何の興味もない話題であり、
かつボクサー(いたとして)にとっては、
技術的には役に立つことが書いてなあるわけでもなく、
しかも、とあるジム内の話だから、
内輪的に興味がありそうな人や出来事でもなくて、
何を理由に好きなんだ???


ってな疑問はさておき、
私はおかげさまで楽しくボクシングをやれてるし、
それがちょっとでも表現できないかなー
と思ってここに書き散らしているので、
何かが功を奏しているのだな、
と思えてうれしい。

「俺/私もボクシングはじめました!」

という人に巡り合えればそりゃもう最高だけど、
まぁそれは……さすがに無理かな……。



走る関係のネタだと、基本的な前提が一緒だし、
余計なことを書かずとも伝わりやすいから、
書きやすいです。

「30km走やりました。タイムはXX」って書くだけでも、
興味のある人はあるだろうし、がんばったことも伝わる。

そういえば、私のランニングネタに前座が少ない時は、
走ることをがんばった日(その記録に意味がある日)で、
前座が多い日は、
あんまりがんばって走ってない日
(ジョグだけでたいしたことしてない日)だ。

別にだれが決めたルールでもないんだけど、
なんとなく。

外部に垂れ流すに足る情報かどうか、
というマイ基準なんだろうか?

(そもそも、前座が必要かどうかや、「垂れ流すに足る」かの客観的判断はさておき)


一方でボクシングは、「本日の自分用メモ」
とかで練習記録も体裁のために書いてるけど、
正直あれ読んでる人、おらんやろww

(本当なら、〇〇を何ラウンド、××を何ラウンド、とか詳細も書きたいとこだけど、それこそ読んでる人には心の底からどーでもいいだろうので、私の練習用ノートにのみ書いてます)


それでもなお、好きだ、と言っていただけたのは、
これはもう「前座」のなせる業であって、
共通の前提とか、受け手の興味が全くない状態から、
多少なりとも何かが伝わった感が得られてうれしい。

第三者に向けて「書く」行為の、成功体験かな。

(あくまで、「私にとっての」「対外的に何かを書く目的に照らし合わせて」です)

(そういえば、全然関係ないのですが、少し前に、個人的な実験ネタで書いてみた物事があって、その反響が思わぬところに思わぬ出方をしたので、それはそれでおもしろかったことがあります。みなさま、意外とちゃんと読んで、ちゃんと反応してくださる)


とはいえ、これでも、ネタの取捨選択は、当社比で
ボクシングカテゴリが一番気を遣ってるし、
闇に葬られたネタが山のようにあるのです。

(実際のジムは、もっとカオスなことがいっぱいあって楽しいんだぞww)


さーて、ジム行ってこよっと。

(そして、その時点で、情報統制が崩壊する)

(てか、既にコメント欄で崩壊してるんだけど……めっ!!

いつも応援いただきありがとうございます。
  

ブログを書く目的

「毎日ブログを書くのは大変」というような記述をよそんちで拝見し、
それは目的によるかもしれないなぁ、と思った次第です。

このブログは主に毎日更新しておりますが、
それは私がある目的で「毎日更新しよう」と(一応)決めているからです。


ブログを書く目的って人によっていろいろあると思うのです。

・ランニングやレース記録を残したい、とか。
・自分の思っていることを後で自分で見返したい、とか。
・走ることや書くことを習慣化したい、とか。
・ブログを通して同じ趣味の人との交流を深めたい、とか。
・すばらしい練習法や記録向上の方法を知ってるから教えてあげたい、とか。
・アクセス数を増やしてなんかかんかしたい、とか。

あとは何だろう?単純に書くのが好き、とかかなぁ。


記録や思い出を残したいなら、それが発生したときにすればいいし、
交流を深めたいなら、毎日記事をあげるより、
いろんなイベントに参加したり、コメントしたりした方がいいかもしれない。

書くのが好きなら、それこそ毎日更新するのも苦にならないだろうなぁ。



でまぁ、私の場合は、とふりかえってみると、
物事を人に伝える練習がしたい、とある日ふと思ったからです。

練習だから、単純に、毎日やろう、と。
あと、練習だから、できればいろんな内容で書こう、と。

その効果は、先日書いた通り
個人的には、わりと興味深い結果が得られているのです。今のところ。


なお、「伝わっているかどうか」の指標として、
アクセス数とか、ブログ村のインポイントが参考になるかな、
と思って眺めていたこともあるのですが、
そこそこ関係あるようで、ないようで、よくわからん、が結論でしたw

いやだって、内容はともかく、読むタイミングは人それぞれだから、
数日ずれてることもあるだろうし、
そもそもバナーに関しては、押す習慣がある人もいればない人もいるし、
アクセス数はレースがあったら内容関係なく増えるし。

なんか考察できるかなー、ってやってみたこともあるけど、
不確定要因が多すぎるので、めんどくさくなってぶん投げたww



なのでまぁ、定量的な評価はさておき、
人が見ている前提で物事を書く、とか
ある物事について自分がどう考えるのかを掘り下げる、とか
ネタがなくてもなんらかひねり出す(≒感受性をあげる?)、
といった訓練としての、意義はそれなりにあったと思うのです。


少なくとも、そのためにかけた時間なりのリターンを、私自身は得た。



という風に、純粋に書く行為自体が好きで、苦にならない人以外は、
やはり何か目的がないと、毎日それなりの時間をかけて、
何かを綴り続けるのは、なかなか難しいんじゃないかなぁ、と思います。
だってめんどくさいし、そうそうネタもないしね。


そして、私が今、その経緯を過去形で書いているのは、
ちょっとその辺を迷っているからでもあります。

ぶっちゃけていうと、当初期待していたリターンを、
私自身は勝手に得たので、その先をどうするか、考え中です。


時間には限りがある。
最近ややインプットとアウトプットのバランスが崩れているように思うのと、
同じことを続けてもあまり意味がないかもしれないねぇ。
(その行為自体がストレス解消なりリフレッシュなりになっている場合は別)


あと、こうやって、目的だのリターンだの情緒のないことを言いだすから、
理系臭が漂うって言われるのかもねぇ……orz


でも、実は、私もこっそり興味があるのです。
みんなが、ブログを書く「理由」や「目的」に。

そして、特に毎日、あるいは高頻度でブログを書いている方のそれには、
手間暇のハードルを越える何かが、あるんじゃないかな。
……いや、知らんけどね。


いつも応援いただきありがとうございます。
  


瞬発力と持久力

ランニングの話と見せかけて、ブログの話なんですけどね(おい)


少し前に、他所様のブログを拝見し、
なんとなく、twitterとか、Facebookとか、
インスタグラムの違いが、おぼろげにわかってきた次第です。
文明開化だ。


なるほど。witterは、個人の関心で自由につながる、かぁ。


なんだ。私の関心がある情報(ねことパンダ)がひたすら流れてくる
受動的twitterアカウントは、実に正しい使い方だったんだな。
私は関心がありまくる。主にねこに。
よっしゃ。フォローするねこを増やそう。
(年末年始の重要タスク)

で、受信側はそれでいいとして、私がなにかを発信したいかというと、
ねこは多分、私のつぶやきに興味がないと思われるので、
双方向のやりとりは成立しないんですよね。残念なことに。

ねこに何かを発信するなら、それはちゅーるとか猫缶とかの形で、
示さなければならないと思う!!!


それはさておき、私が発信媒体としてtwitterではなく、
ブログを選んでいるのは、表現の瞬発力がないからじゃないかな。

それこそ、思いついたダジャレなんかを、
ぱっと投稿するのにはとてもいいツールだと思う、twitter。

でも、なにか(私にとって)興味深いこと、おもしろいことがあった時、
それを、端的に、短い文字数の中で表現する術を知らない。
というか、たぶん苦手。やったことないけど。

あとなにぶん、会話も実は苦手。
あれも瞬発力勝負だからねぇ。

どっちかというと、ちまちまと気に入った穴を掘っていたい。
ひとりで。
穴の底で。
(で、たまに上から「なにやってんのー?」って聞かれて(コメント)、「穴掘ってんのー」って答える(コメント返し)。それで満足。)


で、瞬発力はないけど、
わりと長文を書き散らかすのには抵抗がないのです。

仕事上の文章と違って、推敲の必要がないし、
悪文でもなんでもいいから、いっくらでも書ける。
むしろ、ストレス解消。いぇい。



私はブログを始める時に、なんとなく漠然と、
自分の頭ん中の汎用性?程度?がわかるんじゃないかなー
と興味があって、一応、ランニングブログの体裁はとっているけれど、
自分の練習内容やら記録が他人様のお役に立つとは思えないので、
実は、私の「あのね帳」になってるんですよ。


せんせいあのね、っていうやつ。
小学1年くらいのときにやった。
作文の練習。


ぼんやりそんな感じでやってたけど、
まさに↓に書いてあることが私のやりたかったことだったので、
ああ、イメージとしてはあってたんだな、
と今さらながらに思いました。


先生あのね日記作文 小学校で出るこの宿題の意味は?
先生あのね作文 書き方のコツと例文 これでスラスラ書ける!


私はここに何かを書いて、
みなさんがコメントをくださったりすることで、
まさに、
「言いたいことがうまく伝わり反応が返ってくるという喜び」
をしんみりと味わってるし
「言いたいことをうまく伝える」ために、
作文力やら思考力が、じみー上がってると思う。


•語彙(ごい)が増える
•文字を覚える
•表現力が豊かになる
•文字や文章を書くことが苦手でなくなる
•自分で考える力、伝える力が身につく
•構成がしっかりした作文を書く基礎力が身につく




あのね帳ってすごいな!
実際、これ、いい大人にやれって言っても、
いきなりは難しい(少なくとも私は)ので、小学生は大変だ。


もちろん、毎回そんなハイクオリティな内容が提供できるわけでもなく、
全然おもしろくねーよ、とお思いの方も
たくさんいらっしゃると思いますが、あくまで当社比のお話ね。

なので、ここをお読みの方には何の馴染みも興味もないであろう
ボクシングネタとかが好きって言ってもらえると、
ああちょっとでも伝わったのかなぁ、と思ってめっちゃうれしい。
(逆に、一番書きにくいのは、飲み会行ってきた、ってやつで、私が誰と飲もうがここをお読みの方は知ったこっちゃないだろうし、会話の内容なんてろくに覚えちゃいないし……ので、極力避けるww)


ただ、私は「あのね帳」と思ってたんですが、
さっきから、頭の中では「ちょっと聞いてな(Laugh & peace)」
ずーっと回ってるのはなんでなんやろね……。

いーやや いーやや せーんせーにー ゆーたーろー♪


あと、内緒だけど、ここで書いたネタをそのまましゃべるだけで、
オシャレ美容師さんとの会話の"間"が持つから、とってもいいんだぞ。


いつも応援いただきありがとうございます。
  

プロフィール

ちまき

Author:ちまき
 
全てネットタイムで記載  
フルPB: 3:23:XX(2018名古屋)
ハーフPB: 1:36:XX(2018枚方)
10kmPB: 44:3X(2018あざいお市)


走ったり殴ったりしています。



 

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク